士業プロ集団

人材育成に取り組む中小企業・ベンチャー企業の社長様へ

社長自らが作り出す人材育成型人事評価制度

今いる社員が「最高の成果」を生み出す 人事評価制度 を作りませんか

人事評価をする人

【人事評価制度とは】

人事評価制度は、評価に基づき社員を育成して生産性の向上を図り、企業の目標達成や業績のアップに繋げるためのシステムです。 社員を評価するには、社員が持つ能力やスキルだけでなく、会社への貢献度を加味して判断することが重要です。 従業員の能力や企業への貢献度、業務の遂行具合などについて評価を行い、その結果を従業員の処遇に反映させる制度のこと。評価基準は企業によってさまざまですが、四半期・半年・1年など、一定の期間ごとに評価を行う企業がほとんどです。 人事評価制度は、主に「評価制度」、「等級制度」、「報酬制度」の3つの要素からなります。

​評価制度

企業の方向性を示した上で、従業員一人ひとりが企業のためにどう行動すべきかという行動指標のもと、従業員の業務内容やその成果を評価する方法を定めた制度のことです。行動指標に基づいて、評価対象期間の業績や行動などを評価します。評価結果によって、等級や報酬が決まってきます。

等級制度

企業内での等級と共に、その等級ごとに求められる役割や与える権限を示す制度のことです。等級ごとに決められた指標をもとに、業績やスキル、役割などから、等級を決定します。等級により社内の序列を明確にすることになるため、非常に重要な制度と言えます。

​報酬制度

従業員の給与や賞与などを決める制度のことです。報酬制度を設けることで、評価制度や等級制度での評価結果に基づき、一人ひとりのレベルに応じた賃金支給が可能です。

​下記にて、導入の目的や種類・手法、決定事項やポイントなど制度の中身を詳細にご案内しております。
装飾
​導入の目的
装飾
​種類と手法
装飾
​決定事項とポイント・必要な理由
人事ピラミッド

社会保険労務士松山事務所では、制度の作成から導入、導入後の支援まで一貫してサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

面談する男女