チェック

決定事項とポイント・必要な理由

チェック

■決定事項

①行動指針 企業が社員を評価することは、すなわち社員が目標達成に向けてどのように行動すべきかを表す基準を示すものです。

 

②等級 人事評価は、企業や組織で求められる役割や社員の等級を示すものです。 この指針にしたがって会社が社員に求める能力やスキル、役割や業績を示し、かつ序列化するのが等級制度の役目です。

 

③報酬 評価や等級の各制度を総合し、結果や役割、地位に基づいて給料を決めます。

■ポイント

①明確であること 評価する項目や基準、方法や時期が明確で、社員に分かりやすく共有する必要があります。 評価項目や基準が社員に伝わっていないと社員がどのように目標設定するか、どういう行動が評価に結びつくのかが分からず、人事評価そのものや企業への信頼性が損なわれる恐れがあります。

 

②具体性があること 社員が納得できるよう、客観的かつ具体的に評価する必要があります。 社員にとって納得できるような評価の「理由付け」をし、社員の今後の行動に結びつけるのが何よりも大切です。 根拠が不明確では社員に不信感が募り、企業への貢献意欲やモチベーションが下がってしまいます。

 

③絶対評価であること 他の社員と比較するのではなく、各社員が設定した目標に向けて一定の基準に従ってランク付けすることが大事です。 相対評価を採用している企業も少なくありませんが、社員に対する説得性や納得度が高いのは絶対評価で、近年主流となっています。

 

④プロセスを重視していること 数値化された結果だけではなく、プロセスにも注目する能力主義も加味するといいでしょう。 目的達成に向けてすべき行動が明確になり、行動を評価すれば社員の会社への貢献も高まります。

ポイント
必要

■必要な理由とは

人事評価制度は大企業を中心に採用されていると思われがちですが、あらゆる企業にも必要なのです。 適切な人事評価制度の導入、運用はあらゆる企業の経営を効率化しうるものです。

人事評価制度を採用した際は

•評価対象の決定

•評価項目の設定

•評価基準の決定

•評価の実行

•評価結果を判断

•評価結果のフィードバック

上記のような流れで評価します。 厳しい企業間の競争で生き残るためには、社員がみな同じ方向性を持つ必要があります。 正規、非正規を問わず、適切な人事評価制度で社員を客観的に評価し、公平な昇給や昇進に反映させれば従業員の働く意欲が高まり、目標の達成に向けて大きく前進できるのです。 次代のリーダーを見つけ、育てることにもつながるでしょう。 これこそが人事評価制度を導入、運用する最大のメリットなのです。